後方見聞録

基本的には自分のための備忘録です

向いていない

今日も全く仕事が出来なくてゴミみたいな一日を過ごしたので晩御飯を食べる資格は無いですし、もはや空腹であるという状況が自然なものになり、空腹とともに生きていくと決めているし、少しご飯を食べたところで満足なんてものは無いのも分かりきっているので食べるつもりもないのですが、買ってしまったパンたちをこのまま捨てるのは忍びないので(と言ってもハナから賞味期限を守ることを諦めて休日に一週間分買いだめしているのですでに賞味期限切れの物しかないのだけど)食べはしないといけないなぁと思っている夜。

「俺は社会で生きるのに向いていない」と思う毎日である。
仕事で先輩から「次に何をすればいいと思う?」と聞かれて、何のビジョンも持てていないから黙って止まってしまう事が度々ある。本当に辛いあの時間。どうにかしないといけないのはわかっているが、何をどうすればいいのか本当に全くわからないから本当にどうしようもない。
というか、じゃあ今までどうやって生きてきたんだっけ。
次に何すればいいかなんて考えたことがあったか?ずっと適当に生きてきたよね。なんで今まではそこまで詰まずにそこそこで生きてこれたんだっけ??…と考え直すと、別に生きてこれて無かったよね。沢山の間違えを犯してきている。死にも捕まりもなんにもしない程度かもしれないが、正解もできずに、成長も無く、手に入れたと思ったもの全部落としながら、上手くいっている様でどんどん下がっていっている日々。そして迎える臨界点であった。じゃあ次に何すればいいの?…どうしたらいいんだ本当に

生きるのに向いていないと思う。けどじゃあ死ぬのか?と言われたら、死なない。だって怖いしまだまだ生きていたいんだもんあれもこれもしたいし。…死ぬのにも向いていないんだよなぁ。じゃあどうしたらいいんだよ。もう「何もなせずに生きること」を許されない段階にたどり着いてしまったんだ。俺は自分と言う人間の価値以上の給料を求めて、身の丈に合わないところに来て、どうにもできなくなっている。そんな事もわからずにこんな選択肢を選んでしまったんだよ。俺は普通じゃない。異端とかでもなく、ただの普通以下のゴミなのだ。1の時間で5、10成長していく事が求められているのに、俺は-100からいままで+1もされずにできずに生きてきたんだ、今更1与えられたぐらいでどうにかなるわけなんてありゃしないんだ。

そして、じゃあ次に何すればいいの?って全身全霊をかけて考えないと、というか実行して成長していかないといけないのに、俺が家に帰ってする事と言えば生きる努力でもなく、死ぬ覚悟でもなく、ダラダラ横になりながら失踪の仕方をずっと検索するだけ。この期に及んでもまだ現状からは逃亡しながらのうのうと生きる事ばかり考えている。でも、だからといってそれが出来るわけでも無く…今の仕事からは逃げたいけど、辞表を出して止めますなんて言う勇気かなにかも無い。それに今の環境は捨てたくないし捨てれないんだ。全部大切なもので俺は全て背負ったままガハハ軽い軽い!!と笑いながら生きていたいんだよ!(元々この思考が間違っていて、「まともな仕事に着けるような選択肢を選んでいかないと汚い1kのアパートで安い賃金で働き帰ってきた後の1杯の酒だけを楽しみに腐り落ちていく」という考えがずっと昔からあるが、そうならない様に生きてきたはずの今生きていけなくなりかけじゃん。)とか言って、結局また貴重な時間をどんどん無駄にして、虚無に変えていく。

仕事中に堪らなくなって「僕にはこんな頭脳労働無理なんです!何故なら能が無いから!どうしようもできない無能だから!!」と叫びたくなる時がある。…でもこれも結局はそれで諦めて貰おうという甘えであり努力苦しみからの逃亡でしかない。課長が前に「今頑張らないと、最初の1、2年はずっと先の何年もの差につながる、給料も上がらずにロクな仕事も任されずに給料も上がらずになんて嫌でしょ」と言っていたけど!俺は!給料据え置きの人生でいい!!結婚も子供ももう望まない!!だからゴミの俺を社会福祉と思って一生飼いつづけてくれ!!!!!って心の内で叫んでいますよ!!!!(入社しばらく研修所にいた時に、俺には知らされていなかったが多分向こうは俺が部下になるとわかっている状態で視察に来たことがあったが、そこで”外れを引いた”とわかった時の課長の気持ちを考えたら早く死んでしまいたい。)「会社辞めたい」の気持ちも、コイツはダメだの烙印を押されて諦められることへの渇望なんだよなぁ。

そうなんだよな。本当は仮面ライダーOOOを見ながらこんなブログに弱音を書いている場合じゃ無いんだよね、成功人生の為に圧倒的成長へ向けた行動をしないといけないし、何より外に弱音を吐きたくなるのは弱っている証拠だから人間強度をもっともっと上げないといけないんだ…なのにどうしてこんな風になってしまうのか。悔しい。俺は本当は勝ちたいので。こうやってまた具体性の欠片も無い思想を。しかしまだ悔しいと思えるのなら大丈夫なんじゃないかと言いきかせる。じゃあ次に何すればいいの?


3markets(株)/これはもう限界じゃないか MV

メモリについて

はじめに

このブログについて
良ければ目を通してください

きっかけとか

ROMとかRAMとかSRAMDRAMやら前勉強したけどちゃんと覚えてねーなぁとか思ってちょっと調べてると、ちょっと前にtwitterで#メモリ32GBってタグでRAM・ROM・ストレージ云々で使い分けとかが話題になってたのも見て、そこら含めて改めて確認しなきゃと思った

メモリの種類

よくある初心者向けの解説として

  • 書き換えられるけど電源を消すと中身が消えるRAM
  • 書き換えられないけど電源消しても消えないROM

ってのがあるけど、歴史的経緯とか技術の発展とかでややこしい所がある

まず各用語について

下記な経緯とかあってあまり使われていない用語もあるが、本来はこういう対義語の関係なはずで、それぞれは別の概念

  • アクセス方法での分類
    • Sequential Access Memory(SAM):先頭のデータから順番にしかアクセスできないメモリ(順次アクセス)
    • Random Access Memory(RAM):任意のアドレスに自由にアクセスできるメモリ
  • 書き換え可否での分類
    • Read Only Memory(ROM):書き換え不可能なメモリ
    • Read Write Memory(RWM):書き換え可能なメモリ
  • 揮発性での分類
    • Volatile Memory(VM) 揮発性メモリ:電源供給を行わないと書き込まれたデータが消えるメモリ
    • Non Volatile Memory(NVM) 不揮発性メモリ:電源供給を止めてもデータが消えないメモリ

呼ばれ方と歴史的経緯について

どこまであってるかわからんけど

  1. 最初に使われてた記憶媒体は紙テープやらパンチカードやら、大体SAMだった
  2. それに対して好きな場所にアクセスできるメモリ=RAMが出てきた 大抵揮発性
  3. 一方不揮発性な代わりに書き換え不可能なROMってのがあって
  4. ROMに対して、本来RWMと呼ばれるべきものがRAMと呼ばれるようになった
    (大体のROMがランダムアクセスできず、RWMの大体がランダムアクセスだったので?)
  5. で、ROMの技術が進歩して書き換え可能なROM(PROMとか)が作られたけど結局これもROMと呼ばれた

結局今は、ランダムアクセス出来て書き換えできて不揮発なフラッシュメモリがあったりする

細かい種類について

SRAM DRAMとか PROM EPROM EEPROMとか フラッシュメモリはNOR型とNAND型とか
そのうち図とか作りたいけど世の中に沢山転がってるのでとりあえずそれを見てくださいって感じ

記憶装置としてのメモリ

PCのデータを保存する上で、高速で大容量で不揮発性で安価で、と言うのは難しい
ので役割ごとに色々種類分かれている

  • 主記憶装置(メインメモリ)
    • CPUに直接つながってるやつ
    • 高速な代わりに揮発性であり容量単価が高いものが使われる
  • 補助記憶装置(ストレージ)
    • データを保存しておくやつ
    • 低速でもいいので大容量で不揮発性のものが使われる

まとめ

フラッシュはどっちなんだ問題

  • 書き換え可能な点からROMじゃないからRAMと言う人もいる
  • ROMの発展であるフラッシュEEPROMの一種なのでROMと言う人もいる
  • スマホ内蔵の補助記憶装置=ストレージとして使われているフラッシュメモリを、上の理由からか単にROMと呼んでる時がある

ROMの延長で書き換え可能なものが出来た時にそれもROMと呼んだり、RWMなメモリという意味でをRAMという名称を使うようになったのでややこしくなっている って話で
今のメモリはROM(と呼ばれている物)でもだいたいランダムアクセスできるし
さらにこれからは不揮発性のRAMが実用化され始めているのでますますややこしいよね

罪を背負って生まれた僕なので

今日も仕事が上手くいかない
そんな甘えて腑抜けなゴミ人間には、晩御飯を食べる権利など無く、空腹に耐えて己の精神を高めていく事こそが正しいのだ。さらなる高みを目指せ。

そもそも仕事が全く出来ないバカでかつそのようなバカに育ちうる様なマトモでぬるま湯な素晴らしく幸せな環境で生きてきたわけであって、食べ物が無くて倒れた事も無ければどちらかと言うと飽食気味だったし栄養が失調してどうにか成った事も無く、最近ではtwitterで近くで起こった事例や自分の感覚を報告しているだけの根拠ゼロな健康への注意喚起も良く見受けるがそんな物は関係なく、食事なんていう物は空腹を満たしたいという目先の欲に溺れて堕落を貪る、つまりはマスターベーションと何の違いの無い大罪であるとしか捉えられないのだ。

とはいうがやはり長生きはしたい(これは正確には嘘であり条件付きで長生きするかとっとと死んでしまいたいのだが今はそれを書く場面では無い)し、健康には気を使いたいものなので、こうやって気になることがあったらまたインターネットで検索でもして健康についての知識を極めてYahoo!知恵袋言うところのカテゴリマスターにでもなるかぁと思いつつ、結局また「何をどこまで知ればいいのか」という知識欲の連鎖に嫌になってXVIDEOを開きたくなるのだった。
例えば「今冷蔵庫に買っちゃってたキャベツが入りっぱなしなのでいつまで持つものか知りたいな」と賞味期限を調べるとして、まず賞味期限と消費期限の違いやその根拠を調べないといけないし、じゃあ腐る痛むって何なんだとその減少について原因について防止法について全部ちゃんと知らないとどうにもならないよぉんと思うのですが全部なんて理解できるわけも無くこんな感じでどんどん「知るべきだ」と認識していくものが増えていくから本当に終わらないmy loadでつらく悲しい。

そうなんだよなー皆なんか知ってる顔で生きてるけど本当に理解しているか?本当の理解とは?(なんか前もこんな事書いた気がするなでも無能な記憶力ゼロ人間がその時のノリで当り散らしているだけなので何にも覚えていない)
Linuxわかってるし業務も全部わかってるしと言う感じやけどほんとなのか???何かが起こった時に知らない事の爆発が起こってうぉー知識の濁流や~~助けてくれ――――ってならないんですか?僕は今日もLinuxの調子がおかしくなった辺りからbootは大体なんとなくわかったにしても立ち上がらない原因特定まではわからんなこの現象の時は原因は?HDDは認識している?sdaとかとhdaとかの違いって何やっけ?IDESCSI?てかファイルシステムの全てをわかっている?ルートファイルシステムとは?プロセスもちゃんとわかりきってないからデーモンとかも説明できるほどはわかってないよな…てかsambaって何だ使ってるけどそんなにわからんnfsとかもサーバーとか何たらわからんわからんそれ言ったら家のPCはデュアルブートできる様にしたけど欲を言えば昔のオンボロやし良いPCを別で買って勉強がてら今のヤツはLinuxサーバーにして新PCからリモートログインできるようにしたいなでも実際には何が何やらわかってないなTCPUDP?応答しあうか否かの話やっけ?なんとなくでわかる事も増えたけどまだまだちゃんとした理解には遠いな…というかこんな事言ってるけど早く年末年始きてほしい規制したいけど新幹線とってないとらないとダメかな予約わからんEX-ICだかなんだかシステムとか何もわからんスマートsuica?は新幹線関係ない?クレカ作らないとダメ?クレカ選ぶときどうしたらよい?ポイント活用?賢い運用は?運用でいえば友達が株やり始めたとか言ってたなどうなんだろうって言うか投資と投機の違いも分からんし………とかとか思考が拡散して何をどうしたらいいかわからんなってうほーーーーーってなってすごすご家に帰ってきたんですけどね。

マジで自分以外の人間がどうやって生きているのかわからない。いままでの人生全てで宿題を全く残さずに完璧に知識をつけて生きてきたのか?そんなわけあるかいなと言いたい。 しかし、理解しきれずにまぁなぁなぁで生きているとしたら今の俺みたいに詰むこと無く生きていけるのかしら。僕が不器用なだけですか???。

はぁあ。 なんていうてる間にまた特に何も解決出来ずに夜も更けて行って日を超えそうだしとっても僕は悲しいです。悲しいので今日はここまでなのです。本当はこんなものを書いている間にもっと有意義な人生を送りたい。

能力低い系

会社で「目標と目的がごっちゃになっている」「問題とか課題とかどういう意味合いで使っているか」と言われて、あまり意識してこれなかったなと調べていたら、ロジカルシンキング方面に派生して結局良くわからんなって来て辛い。

  • そもそも「言葉の使い方が間違っている」っていう指摘から始まった筈の放浪やのに、色々調べた結果皆が別に同じ意味で使ってないじゃんと言う事を再確認しただけなんだよな。大体言葉の意味なんてはっきりとした正解は無くて皆なんとなくで共有しているだけでは?たどり着くべき場所も見えないのに旅だけしたってそんなんなんてバカだぜ
  • ロジカルシンキングとかそういう系を掘っていくと、なんだかこう問題解決とか色々と所謂「意識高い系」みたいな感じが漂ってきて、今まではそこらへんの皆と同じように「なんかそれっぽくして優越感だかなんだかにまみれて生きておるが、別にそれっぽいだけでそんなに凄い事なんてなくて外から見たら滑稽なだけでしょ」とあざ笑っていたが、最近あまりにも自己評価が下がりすぎていて「なにがどうでも実行できているなら凄い!俺も勉強しなきゃ…」みたいなメンタルになっているのが悲しい

別に今まで自分の事を有能とか賢いと思って生きてきたわけでは無いが、最近会社で

  • 先輩に「どういう風に考えているのか」みたいな事を聞かれたり、こうじゃない?と話されている時に、全く持って頭がストップしている感覚で何も考えられなくてただただ止まってしまう
  • この前調べて理解して覚えたはずの知識がすぐに出てこないというかすでに消え去りつつある

という事が良くあり。本当に自分が不器用で嫌になる場面が多すぎて出来る事なら今すぐ失踪して山奥の旅館で住み込みバイトしておかみを継ぐ気は無かった娘さんといい感じになって一緒にきり持っていきたいのだけどそれもやりきれない人間なので結局この現実を乗り越えていかないといけないのだと思いつつ。
ふと、「アレ今までどうやって普通に生きてきたんだっけ…」と考えるようになった。いや、やっぱりいままでもポンコツで記憶力も思考力も計算力とかもボコボコなので何もかも上手くいかずに生きてきた感はあるのだけど、それでもなんとか”普通に”生きてこれた、と言う感覚はあった。のだけど、最近が余りにも辛いので、かといって社会人になったからっていくらなんでも人生の難易度がこんなに急に爆上がりすることも無いでしょう、滑らかに上がっていく位では?じゃあ今俺はどうしてこんなに苦しんでいるのだ…と悩むのだった。

こういう時に自分が病気なのだと思うのは(実際にその病気か、とかその病気を否定するとかでは無く、結局また逃げているだけじゃないかと言う意味で)ズルいと思うし、実際に何か異常があるという確証は外傷と違って得られないし良くわからんけど人にはやはりスペックという物があってグラデーションしているのでしょうだから別にちょっと苦手なだけで異常とかではないでしょう、と思っていたのに、思っていたはずなのに、自分の脳内に明確な異常があればよかったのにとそこに救いを求める様になってしまった。

そもそも普通って何だよ??重ね重ね自分が有能だとは思えないが、別に俺より能の低い人だってたくさんいるのでは??と思うのだ。(ちなみに社会人になってそう言う自信も無くなり今まで以上に「俺は世界で一番の無能」と思うようになったし、何ならより良い人生を目指して今の生き方会社を選んできたはずだが身の丈にあった生き方を正しく認識できなかった時点で無能だし、あの時俺を面接してくれた皆様も俺の無能をその時点で見抜いていてくれよ!!!と叫んでいる。)
普通と言う概念もこれもまた各個人の中にしかないひどくふわふわした物だというのもわかっているが、与えられている作業的にも自分のスペック的にも「これは出来る」「これは難しい」「これは出来ない」という線引きが心を壊していく。
(どうでもいいが、昔からググってわかったつもりになるの大好きだが、それで別に身についてきたことも無いのがまず無能無能無能感あるし、すぐググるのもバカっぽいし、そして最近気になって知りたくてたまらなくて検索することが「理解とは」「人生とは」「食欲とは」とかどんどん今まで考えなくてもできていた事になってきたのは、どんどん追い込まれている退化なのかいままで考えずにいた事を立ち返って考えられるようになった成長なのかどっちだろうな)

ホントに何もかもがどうしたらいいのかわからんし、何が悪くてこんなに出来ないのかもわからないし、具体性が無いのは生まれつきなのに毎日毎日具体性を求められて辛くて「本当に世間は皆具体的なのかよ!!」と叫びたくなるし
目的は強くなって勝つこと。現状はクソ。その差分が問題なのでつまりすべてが問題。具体性なんか知らん、俺は勝ちたい。

理解するとは

何かを理解するために色々調べまわって(と言ってもほとんどインターネット上だが)なんとなく概略を理解できたつもりになって、忘れたころの俺だったり俺と同じような境遇の人が今の俺と同じようにウンウンなるほどねへ~と満足を得られれば良いのにと記事を書いているが、それを達成できるものになっているのだろうか。

悲しいかなもう昔であるが大学の時の先生が「わかりやすいと自称する本なんてクソだ、何故なら難しいことが何も書いていないだけだから」と言っていて、俺にとってこれはとても反感を覚える論説だった。(この先生の授業を5つ受けて合格できたのがたった1つだったという事は何も関係ないが) 何かを知りたい時、その何かの性質や何故知りたいかにもよると思うが、トップダウン的にとでも言うのか、概観を掴んでそれを徐々に具体的にしたり細かい事を知っていくのが一番よい方法なのではないのか、と思っているからだ。いきなり細かい難しい話をされてもほえ~と右から左に流れて消えていくだけであって、まずは「どこにどんなものがあるか」みたいなことから入って全体像を掴んでから、じゃあそこにあるのは何なの?とどんどんと掘っていくイメージだ。まずはわかりやすく理解出来る事から理解していくのは間違いなのか。

何かを知りたい時に、形から入るタイプなので本屋に本を探しに行く。しかし大体が結局「これだ!この本しかない!この一冊で俺は全てを理解する!!」という本は無くどれも一長一短で決定打が無く何も買わずに家に帰ってネットサーフィンを始めることになる。「世界には俺より賢い人が溢れているはずなのになぜ”バイブル”を書かないのか、完璧に必要な事だけしか書いてない一冊が欲しい、ないなら俺が書くしか無いのか、書きたい」と、いつも本をペラペラめくりながら思っていた。が、とてもバカなので最近やっと気づき始めているが、もしかして全ての本はバイブルになるべく書かれているのか。その人が必要だと思っている事のみを全て書いて。

結局人によってわかりたいと思う事も違えば、人によって理解しやすい学び方とか合ってる教わり方とかがあるのか。 その人の理解度に合わせた情報って何かとか、トップダウンなら徐々にステップアップ…掘り進んで行かないといけないが、その区切りをどこに置くのかとか。 俺の記事だって、俺にとっては必要な事を簡潔にまとめているつもりだが、きっと他の人からすると足りないものが沢山あるんだろうな。

しかし今もコレを書きながら、はるか昔に途中まで見ていた仮面ライダーOOOをどこまで見ていたのか調べるために簡単なあらすじを探していたがwikipediaの圧倒的な情報量に嫌気がさすのだった。
わかるとは何か。
本質とは。
俺は結局表層だけすくってわかったつもりになっているだけで何も掴めずに生きているのか。 だいたい毎日毎日必死に頑張って勉強してしてしているつもりなのに、先輩にちょっと小突かれて返せずに止まって病む日々である。こんな物を書いている場合ではないのである。

なんだか散らかってきたので今日はこんな感じで終わろう。答えを探す日々は続くのだった。
自分でも今の考えをちゃんと整理できてないのだから、これを他の人が見てもまたなんのこっちゃわからんのだろな。
俺は強くなりたいのだ。

ある程度テキトーにいこう

変にコリすぎて結局何も行動せずとか完成させれずにしょうもなく終わることが多いよな、とふとおもった。 未完成でもとりあえずそのうち完成させればいいかの精神でブログを続けていこう。
見切り発車でもいいから進んで行こうスタイル もしちゃんとした情報を求めてきた人がいたらごめんなさいって感じだ。

PCの起動とかブートローダーとかBIOSとかデュアルブートとか

はじめに

このブログについて
良ければ目を通してください

きっかけとか

  • WindowsLinux(Ubuntu)でデュアルブートだかマルチブートだかをしたいけど、色々なことがわかっていないので知りたい
  • なんかBIOSとかは聞いたことあるけどそんなにわかってない

用語の確認

なのでマルチブート ⊃ デュアルブート

したかった事

起動の仕組み(概要)

大まかに書くと

  1. 電源を入れる
  2. ファームウェアが立ち上がり
    1. ハードウェアの初期化などを行う
      • POST(Power On Self Test)…初期診断 とか
    2. HDDの先頭から「OS起動用のソフトウェア」をロードする
  3. 「OS起動用のソフトウェア」がHDDからOSを見つけて読み込む

という流れになっている
いきなりOSが立ち上がるんじゃなくて間に橋渡し役である「OS起動用のソフトウェア」がいて、デュアルブートするにはそのあたりが重要

  • 「OS起動用のソフトウェア」がOSなどによって異なる
  • ファームウェアBIOSからUEFIに置き換えられていっている

辺りが気を付けたいポイント

「OS起動用のソフトウェア」について

文献によって呼び方違ったり、用語が使い分けられていたりいなかったり、色々ややこしいけど

  • IPL(Initial Program Loader)
  • ブートストラップローダー
  • (上を略して)ブートローダ

とかとかと呼ばれるもの(大体色々合わせてブートローダーと呼ばれてる?)

種類とか

どう使われているかとか詳細はのちほどとして、名称とか用語とか

仕向け
  • Windows向け
    • NTLDR(NT Loader)…NT系
    • BOOTMGR(Windows Boot Maneger)…vista以降
  • Linux向け
    • LILOLInux LOader)…古い
    • GRUB(GRand Unified Boot loader)…旧版(Legacy)と新版(2)があり、最近使われるのは2
  • 汎用
    • MBM(Multiple Boot Manager)…MBRに入れてチェーンロードする向けのフリーなブートローダ

あるOS専用だったり汎用だったり色々あるけどこの辺りが良く聞く奴ら

機能

具体的な起動方法

基本的に

となっている
それぞれの場合について見ていく

BIOSブートの場合

BIOSBasic Input Output System)…ファームウェアの一つ

  • MBRディスクであるHDDには、ブートセクタと呼ばれるブートローダーの置き場がある
  • BIOSはHDDの先頭セクタにあるブートセクタの内容=ブートローダーをメモリにロードし、制御を渡す
  • 1セクタ=512バイトであり、HDDのファイルシステム内に存在するカーネル起動プログラムを直接呼ぶには小さすぎるので、段階踏んで橋渡しで起動する
  • 2TBまでのHDDからしかブートできないなど、昔からあるシステムであるが故の制限も割とある
MBRディスクのブートセクタについて

もっと詳しい話し出すと細かい事あるけどとりあえず

という感じになっていて
パーティションとかファイルシステムとかも知っておきたいが今は割愛)
片方を使わなかったり、ブートローダーを入れるときにどちらを入れるか選べたり、入ってる場所によって呼び方色々だったりするが
MBRに入ってるのがブートストラップローダーで、PBRのがIPL、という記述を散見するが、そうなの?)
MBRMBR、PBRをブートセクタと呼んでいるのも良く見る)
一番の基本としてはBIOSMBR→ブートフラグが立ってるPBR→カーネル、と呼んでいく

Windowsだと

なんか色々荒くしかわかってない

  1. BIOSが、MBRの誰かをロードする
  2. MBRの誰かが、パーティションテーブルからブートフラグの立っているPBR探してそこの誰かをロードする
  3. PBRの誰かが、HDD内のNTLDR/BOOTMGRロードする
  4. NTLDR/BOOTMGが、カーネルをロードする
Linuxだと

GRUBはPBRにも入れられるけど、基本的にはMBRに入って、PBRは見ずに起動する

  1. BIOSが、MBRのboot.imgをロードする
  2. boot.imgが、その直後の領域に書き込まれたcore.imgをロードする
  3. core.imgはファイルシステムを読めるので、HDD内の/boot/grubとかにある本体をロードする
  4. 本体は、カーネルをロードする
GURB1だと

調べてるとstage云々とか出てくるけどそれはLegasyっぽい?けど2は1を大体継承して改良した感じやし似てる?

  1. BIOSが、MBRGRUB stage1を呼ぶ
  2. stage1が、その直後の領域に書き込まれたstage1.5を呼ぶ(1.5は無い場合もある?)
  3. stage1.5はファイルシステムを読めるので、HDD内の/boot/grubとかにあるstage2を呼ぶ
  4. stage2は、カーネルをロードする
デュアルブートするとき

色々あるけど、MBRにチェーンロードが出来るブートローダーを入れて、PBRにそれぞれのOS用のブートローダーをいれて呼び呼び(二段階ブートと呼ばれたり)

UEFIブートの場合

UEFIUnified Extensible Firmware Interface)…ファームウェアーOS間のインターフェース仕様

BIOSとどう変わったか

なんかUEFI自体がブートローダー機能を持っていて、HDDの先頭にFAT32でシステムパーティションを用意して、そこを読みに行くとか???

デュアルブートのやり方

ベストな方法かはわからないし、詳細は他を探してくださいという感じですが方針としては

BIOSブートで1つのHDDをパーティション切ってWindowsLinux

  • MBRにMBMだかGRUBを入れて、そこからパーティションを選ぶ
    • Windwsを後から入れるとMBRを上書きするので、先に入れて後からLinuxをいい感じに入れる

BIOSブートでHDD2つそれぞれにWindowsLinux入れる

  1. Windowsを普通に入れる
  2. MBRGRUBいれてLinuxをインストール
  3. Linuxの方の優先度を上げてGRUBから選ぶ

UFEIブート

  • やってないのでわからーん セキュアブートとか色々ややこしそう